バケモノハンターのメモリー

| コメント(0) | トラックバック(0)

バケモノハンターのメモリー バケモノハンター、あだ名モンハンと呼ばれている大人気の活動決戦です。 この決戦の一番の売りというのが、チームメイトって協力してクエストに挑めると ころですね。

これが物凄くおもしろいんです! 個々人は、近隣カップルってやることが多かったのですが、近隣は個々人より軽く、装備もないので自分がメイ ンで闘い、友達には穴を設置してもらったり、装備の食材を科目から採取してもらったりって、強くする援助をしてました。 それはそれで明るいのですが、 やっぱり、弱かった近隣が強くなってくのを見ると、手伝った役割があるなと喜びがありテンションも良くなります(笑) 近隣も強くなるって、さらに硬いバ ケモノと一緒に競り合えるようになるので、自分一人では倒せなかったバケモノが倒せたり、やっぱり倒せなかったりと(笑)わいわいがやがやしながら晩遅く までやっていたのも宜しいメモリーです。 

毎年の様に新関連が出るので、バケモノハンターを近隣といったやるのは、日々慣例になっています(笑) スワップ掲示板

3番手のメガクチート

| コメント(0) | トラックバック(0)

害悪クレッフィを挑戦に投入してみた。 勿論先発で出してみたら、迎え撃つはラムパルド。んー、諸刃の念頭突きを食らうと幾らクレッフィの存続でも厳しいかなととりあえず電磁波を撒いて代わり。 すると、いきなり諸刃の念頭突きがヒットして1発進で代わりが雲散。これは先行きが不安だな、といった苦笑いしつつ祈る気持ちで威張ってみたらいきなりラ ムパルド自滅。

挑発技術の高さが災いし、それだけで半数持ってかれた旦那は静かに戦場を去って行ったのでした。 後者は岩雪崩が恐怖そうなプテラでしたが、土品種に当たらない限りやる事(電磁波撃って代わり、威張る)は変わらないので...ってのんべんだらり構えてたら 何と3誘発混乱自滅でプテラも退場する実態に。 うわ幻以上にうまいなクレッフィ、と思っていましたが3番手のメガクチートに大苦戦。自滅故障が、最大限に威張っても雀の涙。

こりゃ電磁波を撒いたんだし 噛み砕くしか挑発方法は無さそうだから、といった代わりクレッフィに敢えて代わりさせずに殺しゴツメヌオーでこれまた地味に削りつつ鈍いからの地震を選択 して30ターンの泥試合に幕を引いたのでした。 クレッフィを使った印象? ...土品種に勝てる気がしないよ。無料エロゲー 抜きゲー

その星に生息するピクミン

| コメント(0) | トラックバック(0)

1度も形成出来ていないピクミン まだまだ1度もクリアした企業乏しい決戦が決戦キューブのピクミンです。宇宙飛行士のオリマーがセルフ周遊をしているときに惑星って宇宙船が激突してしま い、ある星に墜落してしまいます。オリマーは30日光パイしかない酸素で宇宙船を直し始めます。その星のあらゆる場所に宇宙船の大事な要素を回収する周遊 が始まります。その回収をオリマーだけではなく、その星に生息するピクミンと一緒にです。30日光というだけではなく、1日の運転時間も決まっています。 その短い時間のなかでいかに効率よく要素を回収するかがこの決戦の楽しみです。ただし、やってみて時間に焦ってしまう私はいつもうまくいきません。また突 破ニュースも買いました。但し、突破ニュースがあってもいまだに決戦をクリアしていません。突破本通りにやろうとしても、日数内に出来ない結果何度もやり 直すことになってしまいます。1度はクリアしてみたいですが、なんだかうまくいきません。決戦はすごく好きな結果、早く攻略したいです。

学生時代にやっていたボンバーマン プレステのボンバーマンを教え子の時に仲間というもっとやっていました。普通のボンバーマンではなく、さまざまな用量を持っているボンバーマンになって対 決していました。最初はライバルを壊すためにも、ボムで順路を作っていく必要があります。そのときに、道具がいっぱい出ると嬉しいですが、ライバルのとこ ろだけいっぱい出てるなんてこともありました。そしてタマゴが出てくるというペットに乗りながら闘えます。但し、そのペットにも様々な品種があって、自分 が好きじゃないペットだと直ぐ殺してしまい次のタマゴをゲットしにいきます。最高峰明るいのはペットを連れながら、1個だけタマゴも維持できるコーディ ネートです。ペットの裏手に関して来るタマゴがとてもいえません。そうして、ぶち壊す順路もなくなったら次はどんなにライバルをなぎ倒すかということを考 えます。そのときに大事なのが、連続で関するボムの度数です。度数が多ければ多いほどボムの効き目は大きくなります。さらに、先に倒されたそれぞれはよそ 者からボムを投げて中で闘っているそれぞれを倒すことができます。但し、倒れるのはごくまれでした。群衆戦のときは、よそ者のそれぞれに敵にボムを当てて 雑貨を鳴らすということをやっていました。そうなるとライバルの道具が消え去り、打ち倒しやすくなるからです。いかにして勝つか練り上げるのがとっても楽 しかったです。